コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

商品バスケット方式 しょうひんバスケットほうしきcommodity basket formula

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

商品バスケット方式
しょうひんバスケットほうしき
commodity basket formula

先進各国のマクロ経済政策相互監視するためにつくられたインフレ早期警戒指標。 1987年にベーカー米財務長官が提唱したもので,88年6月のトロント・サミットの蔵相会議で正式に導入が決まった。この指標は金,石油穀物非鉄金属など国際商品市況を SDR建てで指数化したものである。こうした商品バスケット方式は,世界的な物価の動きがつかめるし,各国の物価に対する先行指標にもなりうるので,インフレの監視に役立つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android