問民苦使(読み)もみくし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

問民苦使(もみくし)
もみくし

令外官(りょうげのかん)の一つ。「もんみんくし」とも読む。奈良時代に、民苦を巡問し、貧病、飢寒を救済するために派遣された臨時の職。橘奈良麻呂(たちばなのならまろ)の変の翌758年(天平宝字2)、京畿内(きない)および七道諸国に派遣された。このとき京畿内使に従(じゅ)五位下石川豊成(いしかわのとよなり)、東海東山道使に正六位下藤原浄弁(じょうべん)、北陸道使に正六位上紀広純(きのひろずみ)、山陰道使に正六位上大伴潔足(おおとものきよたり)、山陽道使に正六位上藤原倉下麻呂(くらじまろ)、南海道使に従六位下阿倍広人(あべのひろんど)、西海道使に正六位上藤原楓麻呂(かえでまろ)を任命。さらにこれら長官の使(し)の下に、東海東山道には判官(はんがん)1人、書記官の録事(ろくじ)2人が、京畿内および他の五道には道ごとに録事1人が、それぞれ配属された。[渡辺直彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android