判官(読み)じょう

デジタル大辞泉の解説

じょう【判官】

律令制で、四等官(しとうかん)の第三位。庁内の取り締まり、主典(さかん)の作る文案の審査、宿直の割り当てなどをつかさどった。「丞」「掾」など官司により用字が異なる。→四等官

ぞう【判官】

じょう(判官)」に同じ。
「右近の―なる人の」〈・藤裏葉〉

はん‐がん〔‐グワン〕【判官】

ほうがん(判官)
裁判官
「朋友は、今は―になって地方に行て居るが」〈独歩武蔵野

ほう‐がん〔ハウグワン〕【判官】

《「はんがん」の音変化》
四等官の第三等官。特に、衛府尉(じょう)であって検非違使(けびいし)を兼ねる者。→判官(じょう)
《検非違使の尉であったところから》源義経の通称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょう【判官】

律令制の四等官の第三位。その官司の職員をとりしまり、主典さかんの作成した文案を審査し、宿直を差配するのが主な役目。官司によって表記を異にする。ぞう。 → 四等官

はんがん【判官】

ほうがん(判官)」に同じ。
裁判官のこと。

ほうがん【判官】

〔「はんぐわん」の転。「はんがん」とも〕
じょう(判官)」に同じ。
衛府の尉で、検非違使を兼ねるもの。
○ 〔検非違使の尉であったところから〕 源義経の称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じょう【判官】

〘名〙
① 律令官制の四等官の第三番目。次官(すけ)の下、主典(さかん)の上位。その所属する官司の職員を糺判し、主典の作成した文案を検査して署名し、公事および文書の稽留失錯の罪を勾勘し、宿直の順番を定めることなどをつかさどる。官司によって表記を異にする。
令義解(718)職員「内蔵寮 頭一人。助一人。允一人。大属一人。少属一人」
② 明治二年(一八六九)七月に制定された官制の第三等官。官司によって字を異にし、大少の別がある。

ぞう【判官】

〘名〙 令制の四等官の一つ。長官(かみ)・次官(すけ)の下位、主典(さかん)の上位。→判官(じょう)
※催馬楽(7C後‐8C)挿櫛「たけくの曾宇(ゾウ)の 朝に取り 夜(よう)さり取り 取りしかば」
※古今(905‐914)雑下・九三八・詞書「文屋の康秀が三河のそうになりて」

はん‐がん ‥グヮン【判官】

[1] 〘名〙
① 中国の官名。唐代、節度使、観察使などの属僚。元・明には各府州に置かれたもの。日本では検非違使の第三等官、尉(じょう)の別称。ほうがん。〔色葉字類抄(1177‐81)〕 〔通典‐職官典・州郡上・都督〕
② 裁判官。〔広益熟字典(1874)〕
③ 得意になっているしろうとの浄瑠璃語り
浮世草子・当世芝居気質(1777)一「元より素人の判官(ハングヮン)なり」
④ もと、上方の遊郭でたいこもちをいう。
※随筆・羇旅漫録(1802)下「大坂妓院の方言〈略〉廓の牽頭(タイコモチ)を判官といふ。略してぐゎんとばかりもいふ」
⑤ =ほうがん(判官)③〔浪花聞書(1819頃)〕
[2] 源義経の俗称。

ほう‐がん ハウグヮン【判官】

[1] 〘名〙
① 令制の四等官(しとうかん)制で、第三等官の総称。また、巡察使など若干の官司の第三等官。次官(すけ)の下、主典(さかん)の上。じょう。
※続日本紀‐文武三年(699)一〇月辛丑「判官四人、主典二人」
② 特に、衛門の尉(まれに、近衛の将監・兵衛の尉)であって検非違使を兼ねるもの。検非違使の尉。そのうち、さらに六位の蔵人を兼ねるものを「上(うえ)の判官」という。
※能因本枕(10C終)五二「六位蔵人、うへのはうくゎんとうち言ひて、よになくきらきらしき物におぼえ」
③ 大坂の遊里で、大尽(だいじん)をいう。〔譬喩尽(1786)〕
[2] (検非違使の尉であったところから) 源義経をいう。
※謡曲・正尊(1541頃)「これは西塔の武蔵坊弁慶にて候、さてもわが君判官は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の判官の言及

【四等官】より

…律令官制においては,各官司の主要な職員は,長官(かみ),次官(すけ),判官(じょう),主典(さかん)の4等級に分かれて職務を分掌した。これを四等官,四分(部)官という。…

【裁判】より

…前2者は神意を直接に問うものである(西洋における神託裁判の一例がシェークスピア《冬物語》第三幕第二場に見られる)が,当事者どうしまたは代用戦士の決闘(その一例が,シェークスピア《リチャード二世》第一幕第三場に見られる)においても勝敗は神の裁きの現れと考えられていたし,宣誓も偽証者には天罰が下ると信じられていた(《日本書紀》巻十,巻十三などに見える盟神探湯(くかたち)はその例である)。古代メソポタミアでは,裁判官が王の名において下した判決は神聖な力を持ち,それに対する不服従はそれ自体が天罰を招くとされた。一般に,このような神意裁判は,儀礼的手続によって神を呼び出すという観念に基づいていたため,当事者が定まった文言を誤りなく述べなければ敗訴とされる(そのため代弁人が用いられたことが,弁護士の一つの起源とされる)というように,厳格な形式主義に支配されることが多かった。…

※「判官」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

判官の関連情報