コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

善徳尼 ぜんとくに

2件 の用語解説(善徳尼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

善徳尼 ぜんとくに

?-? 6世紀末ごろの尼僧。
大伴狭手彦(おおともの-さてひこ)の娘。崇峻(すしゅん)天皇3年(590)出家。この年出家した尼に大伴狛(こま)の夫人,新羅媛(しらぎひめ)善妙,百済媛(くだらひめ)妙光,漢人(あやひと)善聡らがいる。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

善徳尼

生年:生没年不詳
6世紀後半の尼。朝鮮半島との外交に活躍した大伴狭手彦の娘。崇峻3(590)年,大伴狛夫人,新羅媛善妙,百済媛妙光,漢人善聡,善通,妙徳,法定照,善智聡,善智恵,善光ら渡来人・渡来系氏族の尼と共に出家。善信尼に師事。<参考文献>高木豊『仏教史のなかの女人』

(岡野浩二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone