漢人(読み)あやひと

精選版 日本国語大辞典「漢人」の解説

あや‐ひと【漢人】

〘名〙
① 大化前代、大陸系渡来人の一系統。漢氏(あやうじ)の部下となり、支配下の品部(ともべ)である漢部(あやべ)を監督した者の称。その姓(かばね)は村主(すくり)が多い。元来は五世紀初頭に朝鮮から来た技術民がこう呼ばれたが、のち中国系と称する渡来人を意味するようになった。→東漢氏(やまとのあやうじ)漢部(あやべ)
※書紀(720)神功摂政五年三月(熱田本訓)「今の桑原、佐糜、高宮、忍海、凡て四の邑の漢氏(アヤヒト)等が始祖なり」
② 姓(かばね)に準ずる呼称。中国系の渡来人の系統であることを意味する。
※書紀(720)推古一六年九月(岩崎本室町時代訓)「唐国に遣(つかは)す学生(ふむやわらは)(やまとの)(あやの)(あたい)福因(ふくいん)〈略〉高向(たかむこの)漢人(あやひと)玄理(けんり)、新(いまきの)漢人(アヤヒト)大国」

かん‐じん【漢人】

〘名〙
① 中国本土在来の種族。中国人。広く、中国本土の人。漢民族漢族
※江戸繁昌記(1832‐36)篦頭舗「礼、或は漢人の手に成るも」
※草枕(1906)〈夏目漱石〉八「広沢をして日本の能書ならしめば、われは則ち漢人(カンジン)の拙なるものと云ふたのは」
② 中国系と称する渡来人。あやひと。
※扶桑略記(12C初)応神二〇年「漢人来朝」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版「漢人」の解説

漢人
かんじん

元代,もと金の支配下にあった,中国人・契丹人・女真人・高麗人・渤海人などをさす
元朝の支配体制において,モンゴル人・色目人に次ぐ位置で,南宋支配にあった南人よりは上とされた。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

デジタル大辞泉「漢人」の解説

あや‐ひと【漢人】

古代、中国から渡来したといわれる人。また、その子孫。多くは大陸の学芸・技術をもって朝廷に仕え、東漢氏(やまとのあやうじ)の下で漢部(あやべ)の管理者となった。村主(すぐり)の(かばね)をもつ。あや。

かん‐じん【漢人】

漢民族。漢族。
中国人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の漢人の言及

【新漢人】より

…〈いまき〉は新参の意で今来とも書く。古代に中国系と称して渡来した人々は一般に漢人(あやひと)と呼ばれたが,そのほとんどが朝鮮半島に居住していたものだった。その中で5世紀後半のころまでのものはおもに漢・魏を源流とする古い楽浪文化を伝え,大陸の学芸・技術をもって朝廷に仕える各種の専門職の小氏となり,その多くは雄略朝のころに東漢(やまとのあや)氏を伴造(とものみやつこ)とする一つの指揮系統の下に組織化された。…

【東漢氏】より

… 《日本書紀》《新撰姓氏録》さらに《続日本紀》の坂上苅田麻呂の上表文などによると,応神天皇のとき,後漢霊帝の3世孫阿知使主(あちのおみ)が〈党類十七県〉をひきい来日し,さらに子の都加使主(つかのおみ)を呉に遣わし,工女兄媛,弟媛,呉織,穴織の4婦女を連れてかえったというが,これは雄略天皇のとき倭漢氏の一族が呉に使し,〈手末才伎(たなすえのてひと)〉の衣縫兄媛,弟媛,漢織,呉織を連れかえったとする説話と共通する。また阿知使主が,彼の旧居(帯方郡の故地,高句麗と百済の間)には才芸に巧みなものが多いので迎えたいと申請し,村落をあげ連れかえったのが〈漢人(あやひと)〉であるとの説話がある。これも雄略天皇のときとする次の話と同工異曲である。…

【漢民族】より

…漢民族と一般に通称されている民族とはいったいどんなものなのであろうか。彼らが漢族とも漢人とも呼ばれていることは周知のことである。かつて李済は《漢民族の形成》という著書を著しているが,まさに漢民族と汎称される民族の構成はきわめて煩雑であり,その言葉の持つ意味のとらえ方も多様である。…

※「漢人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android