コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

善隣協会 ぜんりんきょうかい

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんりんきょうかい【善隣協会】

1933年,東京において対モンゴル友好工作機関として創設。笹目恒雄などが中心となり,林銑十郎山本条太郎など軍部,財界の援助をうけて発足した。モンゴルでの各種調査研究のほか,医療,畜産,教育など広い活動を行った。のち東京の善隣協会と現地張家口の蒙古善隣協会に分かれ,別に蒙古研究所,西北研究所,回教圏攷究所などを設けた。《蒙古大観》など単行本のほか,《蒙古》(もと《善隣協会調査旬報》《同月報》)や《蒙古学》《蒙古学報》《回教圏》などの定期刊行物も発行した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

善隣協会の関連キーワード石田 英一郎森下 正明石田英一郎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android