コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単行本 タンコウボン

デジタル大辞泉の解説

たんこう‐ぼん〔タンカウ‐〕【単行本】

全集・叢書(そうしょ)などの中の一冊としてでなく、単独に出版される本。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たんこうぼん【単行本】

全集,叢書,文庫などに編入されず,単独で刊行される書物。中国渡来のことば。もともと出版物の本来の形式だが,諸子百家など大部のものは収蔵に困難なので,叢書の形にまとめたものが歓迎された。ゆえに単行本は〈叢書〉の対語であるが,近年日本では〈雑誌〉の対語として便宜的に用いられることがある(本来は〈書籍〉)。印刷,製本技術の制約が大きかった時代,ページ数の多い単行本は分冊形式で刊行された。《好色一代男》(1682)は8分冊,《好色一代女》(1686)は6分冊,《南総里見八犬伝》(1814‐42)は106分冊,《偐紫(にせむらさき)田舎源氏》(1829‐42)にいたっては,172分冊に達している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たんこうぼん【単行本】

雑誌・全集・叢書などに対して、単独に一冊として刊行される本。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

単行本の関連キーワードONE PIECE(ワンピース)にぎやかな湾に背負われた船さようなら、ギャングたち列車は定時に発車した日曜日には愛の胡瓜を書き下ろし・書下ろしメイドインジャパン箱崎ジャンクションジャガーになった男大東亜戦争肯定論ゴーストライター美は乱調にあり夜の明けるまで食は広州に在り冬のかたみに悲しみの認識毎日が日曜日権九郎旅日記午後の時間割見知らぬ戦場

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

単行本の関連情報