単行本(読み)タンコウボン

世界大百科事典 第2版の解説

たんこうぼん【単行本】

全集,叢書,文庫などに編入されず,単独で刊行される書物。中国渡来のことば。もともと出版物の本来の形式だが,諸子百家など大部のものは収蔵に困難なので,叢書の形にまとめたものが歓迎された。ゆえに単行本は〈叢書〉の対語であるが,近年日本では〈雑誌〉の対語として便宜的に用いられることがある(本来は〈書籍〉)。印刷,製本技術の制約が大きかった時代,ページ数の多い単行本は分冊形式で刊行された。《好色一代男》(1682)は8分冊,《好色一代女》(1686)は6分冊,《南総里見八犬伝》(1814‐42)は106分冊,《偐紫(にせむらさき)田舎源氏》(1829‐42)にいたっては,172分冊に達している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たんこうぼん【単行本】

雑誌・全集・叢書などに対して、単独に一冊として刊行される本。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たんこう‐ぼん タンカウ‥【単行本】

〘名〙 雑誌、全集、叢書(そうしょ)などに対し、一冊だけを単独に刊行した本。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉例言「世に単行本多けれども、大抵編中の記実は、精数を詳査するべきもの少く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

単行本の関連情報