コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜多六平太能心 きた ろっぺいた のうしん

1件 の用語解説(喜多六平太能心の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜多六平太能心 きた-ろっぺいた-のうしん

1874-1971 明治-昭和時代の能楽師シテ方。
明治7年7月7日生まれ。喜多流12代六平太能静の孫。明治17年喜多流14代をつぎ,27年六平太を襲名。気迫にみち,変幻自在な芸風をきずき,衰退した喜多家を再興した。昭和22年芸術院会員。28年文化勲章。30年人間国宝。妻は囲碁棋士・喜多文子。昭和46年1月11日死去。96歳。東京出身。旧姓は宇都野。幼名は千代造。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の喜多六平太能心の言及

【喜多六平太】より

…能楽師,シテ方喜多流14世宗家。東京生れ。幼名,千代造。父宇都野鶴五郎は幕臣,母まつは12世宗家喜多六平太能静の三女。1879年喜多家に入籍,84年宗家継承,94年六平太を襲名した。実名は六平太能心。幼時は喜多流が極度に衰微した時期で,師匠運に恵まれず,分家や多くの弟子家に師事して苦心のすえ独創的な芸を確立,流儀を隆盛に導いた。力強い謡と型による絢爛(けんらん)として変幻自在の演技,曲ごとに内容把握を示す理知的な芸風で知られた。…

※「喜多六平太能心」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

喜多六平太能心の関連キーワード助動詞本郷直樹奈良富士子杉田二郎ECGI(電子制御式ガソリン噴射装置)仮面ライダーさるとびエッちゃんタイガーマスクふしぎなメルモアフリカ映画

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone