コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜多六平太能心 きた ろっぺいた のうしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜多六平太能心 きた-ろっぺいた-のうしん

1874-1971 明治-昭和時代の能楽師シテ方。
明治7年7月7日生まれ。喜多流12代六平太能静の孫。明治17年喜多流14代をつぎ,27年六平太を襲名。気迫にみち,変幻自在な芸風をきずき,衰退した喜多家を再興した。昭和22年芸術院会員。28年文化勲章。30年人間国宝。妻は囲碁棋士・喜多文子。昭和46年1月11日死去。96歳。東京出身。旧姓は宇都野。幼名は千代造。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の喜多六平太能心の言及

【喜多六平太】より

…能楽師,シテ方喜多流14世宗家。東京生れ。幼名,千代造。父宇都野鶴五郎は幕臣,母まつは12世宗家喜多六平太能静の三女。1879年喜多家に入籍,84年宗家継承,94年六平太を襲名した。実名は六平太能心。幼時は喜多流が極度に衰微した時期で,師匠運に恵まれず,分家や多くの弟子家に師事して苦心のすえ独創的な芸を確立,流儀を隆盛に導いた。力強い謡と型による絢爛(けんらん)として変幻自在の演技,曲ごとに内容把握を示す理知的な芸風で知られた。…

※「喜多六平太能心」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

喜多六平太能心の関連キーワード松田 亀太郎福岡 周斎昭和時代紀 淑真後藤得三

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android