コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜多六平太能心 きた ろっぺいた のうしん

1件 の用語解説(喜多六平太能心の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜多六平太能心 きた-ろっぺいた-のうしん

1874-1971 明治-昭和時代の能楽師シテ方。
明治7年7月7日生まれ。喜多流12代六平太能静の孫。明治17年喜多流14代をつぎ,27年六平太を襲名。気迫にみち,変幻自在な芸風をきずき,衰退した喜多家を再興した。昭和22年芸術院会員。28年文化勲章。30年人間国宝。妻は囲碁棋士・喜多文子。昭和46年1月11日死去。96歳。東京出身。旧姓は宇都野。幼名は千代造。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の喜多六平太能心の言及

【喜多六平太】より

…能楽師,シテ方喜多流14世宗家。東京生れ。幼名,千代造。父宇都野鶴五郎は幕臣,母まつは12世宗家喜多六平太能静の三女。1879年喜多家に入籍,84年宗家継承,94年六平太を襲名した。実名は六平太能心。幼時は喜多流が極度に衰微した時期で,師匠運に恵まれず,分家や多くの弟子家に師事して苦心のすえ独創的な芸を確立,流儀を隆盛に導いた。力強い謡と型による絢爛(けんらん)として変幻自在の演技,曲ごとに内容把握を示す理知的な芸風で知られた。…

※「喜多六平太能心」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

喜多六平太能心の関連キーワード小林静雄粟谷益二郎大槻十三北村一郎金剛巌(初代)杉市太郎広瀬政次本田秀男三宅襄吉見嘉樹

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone