コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜多文子 きた ふみこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜多文子 きた-ふみこ

1875-1950 明治-昭和時代の囲碁棋士。
明治8年生まれ。棋士・林佐野の養女。14歳で初段となる。明治28年喜多流能楽師14代の喜多六平太能心と結婚。13年の空白ののち囲碁結社方円社にはいり,大正9年女性初の5段。13年日本棋院の創立に参加,6段に推薦された。昭和25年5月10日死去。75歳。平成25年囲碁殿堂入り。東京出身。旧姓は司馬。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

喜多文子の関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎アフリカン・アメリカン音楽ロック(ポピュラー音楽)フランス共和国憲法冤罪大庭秀雄黒澤明電気機械器具工業成瀬巳喜男

喜多文子の関連情報