喜多六平太能静(読み)きた ろっぺいた のうせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜多六平太能静 きた-ろっぺいた-のうせい

1814-1869 江戸時代後期の能役者シテ方。
文化11年生まれ。喜多流11代七大夫長景の4男。文政8年喜多流12代となり,門弟多数を養成。将軍徳川家茂の保護をうけて隆盛をほこったが,家茂の死後喜多家は衰退した。明治2年5月24日死去。56歳。江戸出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android