コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜多川宗典 きたがわ そうてん

2件 の用語解説(喜多川宗典の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜多川宗典 きたがわ-そうてん

?-? 江戸時代中期の装剣金工。
京都の人という。近江(おうみ)(滋賀県)彦根にすみ,高彫り色絵の技法で花鳥,風景などをあらわす彦根彫を創始。代表作に「熊坂義経透鐔」「仙人透鐔」など。作品の銘から享保(きょうほう)(1716-36)のころにもっとも活躍し,75歳以上の長命であったことが知られる。初名は秀典。号は藻柄子(そうへいし)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

喜多川宗典

生年:生没年不詳
江戸中期の装剣金工家。京都に生まれたとされ,幼名を秀典と称した。延享~寛延年間(1744~51)ごろ,近江国彦根中藪(滋賀県彦根市)に住し,花鳥・風景・合戦図などを高彫り象嵌や色絵の技法を駆使して,にぎやかに表す彦根彫りと呼ばれる一派を形成し,広く世に流行をみた。代表的作品に「熊坂義経透鐔」「仙人透鐔」(いずれも東京国立博物館蔵)などがある。切銘に喜多川(河とも記す)・藻柄子があり,75歳以上の長寿を全うしたことが知られ,また1代限りではなく何代か続いたものとみなされている。<参考文献>『東京国立博物館図版目録』鐔篇

(加島勝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone