花鳥(読み)カチョウ

  • かちょう クヮテウ
  • かちょう〔クワテウ〕
  • はなとり
  • はなどり
  • 花鳥 (ハナドリ)

デジタル大辞泉の解説

花と。花または鳥。観賞したり、詩歌絵画などの題材にする場合にいう。
花と鳥。花や鳥。かちょう。→花鳥(かちょう)の使い
「―の色にも音にもよそふべきかたぞなき」〈・桐壺〉
スズメ目ハナドリ科の鳥の総称。多くはスズメより小形で、は赤・黄・黒色などのはでな羽毛をもつ。緑色や緑褐色。花のを好む。中国南部からオーストラリアにかけて分布

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

学名:Dicaeum ignipectus
動物。ハナドリ科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 花と鳥。花または鳥。自然の風物として観賞されたり、詩歌、絵画、模様などの題材にされたりする場合にいう。
※万葉(8C後)一五・三七八五・左注「右七首中臣朝臣宅守寄花鳥思作歌」 〔杜審言‐渡湘江詩〕
※談義本・根無草(1763‐69)後「雪渓が花鳥も色を失ひ、春信も筆を捨」
③ 色めかしいこと。
※松浦廟宮先祖次第并本縁起(鎌倉中)「於少弐在京妻室命婦、欲花鳥之気
〘名〙 (「はなとり」とも)
① 花に宿る鳥。また、花と鳥。花や鳥。かちょう。《季・春》
※後撰(951‐953頃)夏・二一二「はな鳥の色をもねをもいたづらに物うかる身はすぐすのみなり〈藤原雅正〉」
② 渡り奉公をする人。
※浄瑠璃・薩摩歌(1711頃)上「一季半季の花鳥も、とかくは御縁次第なり」
③ ハナドリ科に属する鳥の総称。多くは全長一〇センチメートル以下の小形種で、緑・赤・青などの濃色でいろどられるものが多い。アジア・オーストラリアの熱帯に約五八種が分布する。主として森林の樹上に小群で生活し、花をよく訪れ、花に集まる昆虫、花蜜、小果実を主食とする。
④ ハナドリ科の小鳥。全長約一〇センチメートル。スズメより小さく、くちばし・尾も短い。雄の背面は金属光沢のある緑色、腹面は淡黄褐色で、のどとくびは美しい紅色を呈する。雌は全体にオリーブ色を帯びる。中国南部からマレー諸島に分布。台湾には特有の亜種が高山にすむ。昆虫を捕食し、花の蜜を吸う。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花鳥の関連情報