花鳥(読み)カチョウ

デジタル大辞泉の解説

か‐ちょう〔クワテウ〕【花鳥】

花とまたは鳥。観賞したり、詩歌絵画などの題材にする場合にいう。

はな‐とり【花鳥】

花と鳥。花や鳥。かちょう。→花鳥(かちょう)の使い
「―の色にも音にもよそふべきかたぞなき」〈・桐壺〉

はな‐どり【花鳥】

スズメ目ハナドリ科の鳥の総称。多くはスズメより小形で、雄は赤・黄・青・黒色などのはでな羽毛をもつ。雌は緑色や緑褐色。花の蜜を好む。中国南部からオーストラリアにかけて分布。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かちょう【花鳥】

花と鳥。鑑賞して風流を楽しんだり、詩歌・絵画などの題材にする時にいう。
「花鳥画」の略。

はなとり【花鳥】

花や鳥。かちょう。

はなどり【花鳥】

スズメ目ハナドリ科の小鳥。体長8センチメートル 内外。背は光沢のある緑黒色、のどは鮮紅色、腹部は淡黄色。熱帯アジア・オーストラリアなどに約90種がすむ。花の蜜を吸い、花に集まる昆虫を食う。
花が咲く頃、鳴きさえずる鳥。花に来る鳥。また、花と鳥。 「 -も時なるかなやさくらがり/新撰菟玖波 発句上
方々を渡り歩いて奉公する者。 「一季半季の-もとかくは御縁次第なり/浄瑠璃・薩摩歌」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

花鳥 (ハナドリ)

学名:Dicaeum ignipectus
動物。ハナドリ科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花鳥の関連情報