コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花鳥 カチョウ

デジタル大辞泉の解説

か‐ちょう〔クワテウ〕【花鳥】

花とまたは鳥。観賞したり、詩歌絵画などの題材にする場合にいう。

はな‐とり【花鳥】

花と鳥。花や鳥。かちょう。→花鳥(かちょう)の使い
「―の色にも音にもよそふべきかたぞなき」〈・桐壺〉

はな‐どり【花鳥】

スズメ目ハナドリ科の鳥の総称。多くはスズメより小形で、雄は赤・黄・青・黒色などのはでな羽毛をもつ。雌は緑色や緑褐色。花の蜜を好む。中国南部からオーストラリアにかけて分布。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かちょう【花鳥】

花と鳥。鑑賞して風流を楽しんだり、詩歌・絵画などの題材にする時にいう。
「花鳥画」の略。

はなとり【花鳥】

花や鳥。かちょう。

はなどり【花鳥】

スズメ目ハナドリ科の小鳥。体長8センチメートル 内外。背は光沢のある緑黒色、のどは鮮紅色、腹部は淡黄色。熱帯アジア・オーストラリアなどに約90種がすむ。花の蜜を吸い、花に集まる昆虫を食う。
花が咲く頃、鳴きさえずる鳥。花に来る鳥。また、花と鳥。 「 -も時なるかなやさくらがり/新撰菟玖波 発句上
方々を渡り歩いて奉公する者。 「一季半季の-もとかくは御縁次第なり/浄瑠璃・薩摩歌」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

花鳥 (ハナドリ)

学名:Dicaeum ignipectus
動物。ハナドリ科の鳥

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

花鳥の関連キーワード静岡県掛川市南西郷押さえ物・押え物ビロード友禅エミュー牧場国井華堂川島梅関今井景樹松村景文菊池隆志藤井瑞景鏑木雲洞諸葛白岩差し付け工芸菓子沢野文臣絵半切り花鳥風月近藤千尋島田柏樹高橋玄輝

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花鳥の関連情報