コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜連川頼純女 きつれがわ よりずみの むすめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜連川頼純女 きつれがわ-よりずみの-むすめ

?-? 織豊-江戸時代前期の女性。
豊臣秀吉の側室古河姫君とよばれた。下野(しもつけ)(栃木県)喜連川3500石の領地をあたえられたが,弟国朝(くにとも)にゆずる。のち徳川家康の娘振姫(ふりひめ)の後見となる。承応(じょうおう)元年(1652)江戸市ケ谷平安寺を再興し月桂寺とあらためた。名は島子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

喜連川頼純女の関連キーワード豊臣秀吉