嗅細胞(読み)キュウサイボウ

デジタル大辞泉 「嗅細胞」の意味・読み・例文・類語

きゅう‐さいぼう〔キウサイバウ〕【嗅細胞】

嗅覚の刺激物質を受容する細胞人間では鼻腔びこう上部の粘膜中に分布臭細胞

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「嗅細胞」の意味・読み・例文・類語

きゅう‐さいぼうキウサイバウ【嗅細胞】

  1. 〘 名詞 〙しゅうさいぼう(臭細胞)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典 「嗅細胞」の解説

嗅細胞

 鼻粘膜丘にある神経細胞で,嗅覚を司る.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典(旧版)内の嗅細胞の言及

【嗅覚】より

…つまり鼻腔の上部にある嗅裂という狭い部分に流れこむ。ここに嗅細胞olfactory cellがあり,においを感じとっている。においをかごうとするとき強く吸いこむのは,空気をこの嗅細胞にふれさせようとするためである。…

※「嗅細胞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android