神経細胞(読み)しんけいさいぼう

百科事典マイペディアの解説

神経細胞【しんけいさいぼう】

ニューロンとも。神経組織を構成する細胞。ふつう多数の突起をもった,概して大型の細胞で,狭義には突起を除いた細胞体だけを呼ぶ。中枢神経では灰白質,末梢神経では神経節に多数集まり,また諸種の器官の内部,付近に大小の群をつくって存在する。突起の数により単極性,双極性,多極性と区別される。突起には2種類ある。樹状突起(原形質突起)は1本以上で,多くは短く木の枝のように分岐し,神経細胞が他からの刺激を受け取るためのものである。軸索突起(神経突起)は多くは1本だけで長くのびて遠くへ達し,神経細胞が他へ興奮を伝えるためのものである。神経細胞の内部にはミトコンドリア,ゴルジ体などのほか,網目状の神経原繊維や,ニッスル小体があり,特別な染色で認められる。
→関連項目神経神経系神経節神経繊維神経叢ニューロン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんけいさいぼう【神経細胞 nerve cell】

神経系を構成する細胞をいい,ニューロンと同義であるが,神経突起や樹状突起を除き,核周部の細胞体のみをさして,神経細胞とよぶこともある。神経系ニューロン

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の神経細胞の言及

【神経系】より

…一方,多細胞生物になるとしだいに細胞の役割分担がはっきりしてきて,幾種類かの細胞群の分業的かつ協調的な働きによって生体の機能がまっとうされるようになる。例えば,もっぱら情報の受容にかかわる細胞(感覚細胞)や,その情報に応じての生体の反応の発現に直接かかわる細胞(筋細胞や腺細胞)のほか,この両者の間にあって情報の伝達,処理,そしておそらくは貯蔵(記憶)にもかかわる細胞,すなわちニューロンneuron(神経細胞ともいう)が分化してくる。このようなニューロンの集合が神経系である。…

【ニューラルコンピューティング】より

…生物の脳の神経細胞(ニューロン)や神経回路網(ニューラルネットワーク)の情報処理様式に学んで,脳の高度な情報処理機能の人工的実現を目指す新しいタイプの情報処理手法の総称。ニューロコンピューティングとも呼ぶ。…

【バイオニクス】より

…バイオニクスでは,現在,モデルの構成に主眼がおかれていて,以下に述べるようないくつかのモデルが研究されている。
[神経細胞のモデル]
 ニューロン,すなわち神経細胞は神経系での情報処理の基本要素で,情報を電気化学的なパルスとして伝えるための細長い繊維状の軸索が細胞本体から出ている。軸索の先端が他の神経細胞と接合する部分はシナプスと呼ばれる。…

※「神経細胞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神経細胞の関連情報