コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘉義の北回帰線標塔 かぎのきたかいきせんひょうとう

1件 の用語解説(嘉義の北回帰線標塔の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

かぎのきたかいきせんひょうとう【嘉義の北回帰線標塔】

台湾島中南部の嘉義(チャーイー)市にある、台湾に3ヵ所ある北回帰線標塔の一つ。◇北回帰線は北緯23度26分の線で、夏至に太陽が天頂に来る地点。この線より南が熱帯に区分される。嘉義の北回帰線標塔は、東経120度24分、北緯23度27分の地点にあり、展望台のある高さ28mの塔でタワーも立っている。この標塔が初めて建てられたのは1908年。現在の標塔は、1995年に建てられた6代目の塔である。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

嘉義の北回帰線標塔の関連キーワードEE嘉義アイガーグレッチャーCEEACJEESICEフューチャーズU.S.レザーイーイェアーイーTPE

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone