コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘉義 カギ

4件 の用語解説(嘉義の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かぎ【嘉義】

台湾中西部の都市。形式的に残る「台湾省」の省轄市。製糖・製材業が盛ん。北回帰線塔がある。チアイー
台湾南西部にある県。嘉義市を取り囲んでおり、東部の山岳地帯には阿里山玉山がある。チアイー。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

嘉義【かぎ】

台湾南西部の県名,市名。嘉義市は嘉南平野北部の中心都市。県内に北回帰線が通過している。サトウキビ,米,サツマイモなどの大生産地帯をひかえ,製糖業が盛ん。台湾縦貫鉄路に沿い,阿里山への森林鉄道の起点で,製材も盛ん。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

かぎ【嘉義】

台湾中西部の都市。北回帰線上にある。製材業・製糖業が盛ん。チアイー。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

嘉義
かぎ / チヤイー

台湾中西部、嘉南平野の中央にある市。台湾八大都市の一つで、人口26万6183(2000)。東に台湾の最高峰玉山(ぎょくざん/ユイシャン)(3945メートル)と木材の名産地阿里山(ありさん/アーリーシャン)を望み、市のすぐ南に北回帰線が通っている。旧名を諸羅山(しょらさん)とよび、1684年に諸羅県が置かれ、1786年に清(しん)朝が住民の忠誠をたたえて嘉義と改称した。高山族の教化に献身した呉鳳(ごほう)の美談は有名で、市の東郊外に呉鳳廟(びょう)がある。台湾屈指の製材所があるほか、米、砂糖、雑穀などの農産物が豊富で、近年、商工業の発展が著しい。阿里山鉄道の起点で、南北交通の要衝でもあり、台湾山脈を越えて東部に通じる新中部横貫公路が通じる。[劉 進 慶]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

嘉義の関連情報