コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

器官神経症 きかんしんけいしょう organ neurosis

1件 の用語解説(器官神経症の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

器官神経症
きかんしんけいしょう
organ neurosis

心因性ではあるが,特別の心理的意味を表現しているわけではない身体機能障害をいう。性機能の亢進や低下,消化器系障害,運動器系障害,呼吸器系障害,循環器系障害,皮膚疾患,眼疾患など,ほとんど全身に現れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の器官神経症の言及

【心臓神経症】より

…心臓ノイローゼ,神経循環無力症ともいう。神経症のうち,一定の器官の機能障害を訴えるものを器官神経症というが,そのなかで心臓症状を主訴とするものをいう。呼吸困難,疲れやすさ,胸痛,動悸,不安など一群の不定愁訴を特徴とする症候群で,患者の訴えがしばしば狭心症,心筋梗塞(こうそく)の胸痛発作に似ていることから,ときに鑑別が困難であるという点で重要視される。…

※「器官神経症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

器官神経症の関連キーワード心理的コスト心理的便益外因性精神病心因性発声障害心因心理的意識性内因性精神病心因性運動麻痺心因性失声症

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone