コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

噴火機構 ふんかきこうeruption mechanism

1件 の用語解説(噴火機構の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

噴火機構

噴火の発生する仕組み。マグマの蓄積につれてマグマだまりの圧力が高まり、マグマの上昇を促す。上昇につれてガス成分が発泡し、マグマを膨張させて、上昇を加速する。気泡がマグマから十分に抜け出ない場合、マグマは破られてテフラ(tephra=火山砕屑〈さいせつ〉物)となり、爆発的噴火を起こす。

(井田喜明 東京大学名誉教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone