噴火湾(読み)ふんかわん

大辞林 第三版の解説

ふんかわん【噴火湾】

北海道南部、内浦うちうら湾の別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の噴火湾の言及

【内浦湾】より

…噴火湾または胆振(いぶり)湾ともいう。北海道南西部,亀田半島北部の砂崎と室蘭市南部のチキウ岬を結ぶ線より北西の海域をいう。…

※「噴火湾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android