コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内浦湾 うちうらわん

8件 の用語解説(内浦湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内浦湾
うちうらわん

北海道南西部,渡島半島にいだかれた太平洋側にある湾。別称噴火湾。ほぼ円形で,直径約 50km,湾岸の長さ約 150kmで,その地形は急傾斜であるが,湾底は平坦。最深部 107m。寛政8 (1796) 年来航したイギリス船『プロビデンス』号の船長が噴煙の上がる有珠山駒ヶ岳を見てこの湾を噴火湾 Volcano Bayと名づけたといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

内浦湾
うちうらわん

福井県の西端にある沈降性の小湾で若狭湾の支湾。高浜町に属する。第2次世界大戦後は木材の輸入港で,湾内では真珠の養殖も行われる。南方に若狭富士ともいわれる青葉山がそびえ風光がよい。東岸には関西電力高浜原子力発電所がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うちうら‐わん【内浦湾】

北海道南西部、渡島(おしま)半島の東側にある湾。湾口に室蘭港がある。噴火湾。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

内浦湾【うちうらわん】

北海道渡島(おしま)半島東側にあるほぼ円形の湾。噴火湾ともいう。直径約50km,最深部約100m,湾口に室蘭半島がある。湾岸は屈曲が少なく,平地に乏しい。函館本線室蘭本線が湾岸をめぐり,森,八雲,長万部(おしゃまんべ),虻田,伊達などの農漁業集落が発達,湾内でイカ,コンブの漁獲が多い。
→関連項目虻田[町]長万部[町]黒松内[町]砂原[町]鹿部[町]豊浦[町]森[町]八雲[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

うちうらわん【内浦湾】

噴火湾または胆振(いぶり)湾ともいう。北海道南西部,亀田半島北部の砂崎と室蘭市南部のチキウ岬を結ぶ線より北西の海域をいう。約30kmの湾口をもち,北西方へ約50km湾入する円形の大きな湾で,沿岸には有珠山,駒ヶ岳など火山が多い。湾の最深部は107m,おおむね60~95mの水深を示して比較的平たんである。南岸と西岸には砂浜,礫(れき)浜が多く,北岸の静狩とイコリ岬間の約10kmは海食による高さ100~200mの断崖が連続し,東部には特定重要港湾室蘭港がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

うちうらわん【内浦湾】

北海道南西部、渡島おしま半島東側にある湾。噴火湾。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕内浦湾(うちうらわん)


北海道南西部、渡島(おしま)半島の東側に抱かれた湾。噴火(ふんか)湾とも。直径約55kmのほぼ円形をした湾で、北東岸に有珠(うす)山、湾口南岸に渡島駒ヶ(こまが)岳の火山が噴出する。サケ・マス流し網漁やイワシ定置網漁、コンブ・ワカメ・ホタテガイ養殖などが盛ん。湾口北岸の絵鞆(えとも)半島に抱かれた室蘭(むろらん)港は特定重要港湾。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内浦湾
うちうらわん

北海道南西部、渡島(おしま)半島東側の海湾。噴火(ふんか)湾ともいう。幅約50キロメートルの一大円形をし、北は室蘭(むろらん)市の地球岬、南は駒ヶ岳(こまがたけ)北端の砂崎を結ぶ。湾岸はおよそ150キロメートル、湾内は海岸から40メートル内外まで比較的急傾斜で、中央部は平坦(へいたん)、水深は90~100メートル。西岸の八雲(やくも)―静狩(しずかり)間はほぼ直線の砂浜海岸で、平地は少ない。北岸の静狩―豊浦(とようら)間は断崖(だんがい)が続き、礼文華(れぶんげ)の海食崖をつくり、道路は峠越し、鉄道はトンネルで通じる。内浦湾の別名「噴火湾」は、1796年(寛政8)イギリス船長ロバート・ブロートンが、湾の南北に駒ヶ岳、有珠(うす)山の噴煙を遠望して命名したという。湾内ではスケトウダラ、カレイの沖合底引網漁業が行われる。[瀬川秀良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内浦湾の関連キーワード胆振支庁馬追丘陵噴火湾胆振総合振興局胆振室蘭豊浦町噴火湾展望公園展望塔噴火湾パノラマパーク オートリゾート八雲噴火湾の養殖ホタテ北海道胆振〈総合振興局〉

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内浦湾の関連情報