コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡島 オシマ

6件 の用語解説(渡島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おしま〔をしま〕【渡島】

北海道の旧国名。渡島半島南部にあたる。現在の渡島総合振興局檜山振興局の大半部。もと松前藩の所在地
北海道南西部の総合振興局。局所在地は函館市

と‐とう〔‐タウ〕【渡島】

[名](スル)島に渡ること。「定期船で渡島する」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おしま【渡島】

北海道旧一一か国の一。渡島支庁と檜山支庁の南部を占める地域。
北海道南西部の支庁。支庁所在地、函館市。渡島半島の東半を占める。

ととう【渡島】

( 名 ) スル
(船で)島に渡ること。 「荒天をついて小船で-する」

わたりじま【渡島】

北海道南部、現在の渡島おしまの古称。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

渡島
わたりしま

古代における北海道の呼称。ただし異説もある。それは越(こし)(北陸)や出羽(でわ)の奥地で、船舶に乗って行く陸地のことで、具体的には秋田県北部や青森県西部の海岸方面をさしたのではないかとする説である。阿倍比羅夫(あべのひらふ)遠征に「渡島の蝦夷(えぞ)」とあるのをはじめとして、718年(養老2)、780年(宝亀11)、802年(延暦21)にも「渡島」ないし「渡嶋」とみえ、つねに出羽、津軽の奥地について用いられる。[高橋富雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

渡島の関連キーワード渡島山地北見天塩胆振釧路後志筑後十勝根室常陸

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

渡島の関連情報