コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡島 オシマ

大辞林 第三版の解説

おしま【渡島】

北海道旧一一か国の一。渡島支庁と檜山支庁の南部を占める地域。
北海道南西部の支庁。支庁所在地、函館市。渡島半島の東半を占める。

ととう【渡島】

( 名 ) スル
(船で)島に渡ること。 「荒天をついて小船で-する」

わたりじま【渡島】

北海道南部、現在の渡島おしまの古称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

渡島
わたりしま

古代における北海道の呼称。ただし異説もある。それは越(こし)(北陸)や出羽(でわ)の奥地で、船舶に乗って行く陸地のことで、具体的には秋田県北部や青森県西部の海岸方面をさしたのではないかとする説である。阿倍比羅夫(あべのひらふ)遠征に「渡島の蝦夷(えぞ)」とあるのをはじめとして、718年(養老2)、780年(宝亀11)、802年(延暦21)にも「渡島」ないし「渡嶋」とみえ、つねに出羽、津軽の奥地について用いられる。[高橋富雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

渡島の関連キーワード北の逸品 八雲黒毛和牛駒ヶ岳(北海道)北の情熱 八雲牛クリーンおしま北海道亀田郡大沼国定公園北海道松前郡北海道上磯郡北海道二海郡北海道茅部郡北海道山越郡知内(町)福島(町)佐渡島伝八熊石〈町〉函館[市]檜山・桧山佐渡島長蔵渡島富士茂津多岬

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

渡島の関連情報