四方の嵐(読み)ヨモノアラシ

デジタル大辞泉の解説

よも‐の‐あらし【四方の嵐】

あたりを吹き荒れる嵐。
浮世の波風。
「浅茅生(あさぢふ)の露のやどりに君を置きて―ぞしづ心なき」〈・賢木〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android