四方の嵐(読み)よものあらし

精選版 日本国語大辞典「四方の嵐」の解説

よも【四方】 の 嵐(あらし)

あたりを吹きすさぶ。転じて、浮世波風
氏(1001‐14頃)須磨「枕をそばだててよものあらしを聞き給に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「四方の嵐」の解説

よも‐の‐あらし【四方の嵐】

あたりを吹き荒れる嵐。
浮世の波風。
浅茅生(あさぢふ)ののやどりに君を置きて―ぞしづ心なき」〈賢木

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android