コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回転炉 カイテンロ

デジタル大辞泉の解説

かいてん‐ろ〔クワイテン‐〕【回転炉】

連続式加熱炉の一。円筒形の炉を水平または傾斜させて据え付け、回転させて平均に加熱し、また内容物をよくまぜることができる構造のもの。セメント製造・アルミナ焼成などに利用。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かいてんろ【回転炉】

底部が円形の回転式熱処理炉。鍛造品などの材料の連続加熱に用いられる。
回転により挿入物を攪拌かくはんしつつ加熱する円筒形の炉。セメント・アルミナなどの焼成・灼熱・蒸発に用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone