コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回転炉 カイテンロ

デジタル大辞泉の解説

かいてん‐ろ〔クワイテン‐〕【回転炉】

連続式加熱炉の一。円筒形の炉を水平または傾斜させて据え付け、回転させて平均に加熱し、また内容物をよくまぜることができる構造のもの。セメント製造・アルミナ焼成などに利用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいてんろ【回転炉】

底部が円形の回転式熱処理炉。鍛造品などの材料の連続加熱に用いられる。
回転により挿入物を攪拌かくはんしつつ加熱する円筒形の炉。セメント・アルミナなどの焼成・灼熱・蒸発に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

回転炉の関連キーワードポルトランドセメント酸化カルシウムセメント工業べんがら耐火物焙焼炉移動層焼成底部攪拌

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android