コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回青 カイセイ

デジタル大辞泉の解説

かい‐せい〔クワイ‐〕【回青】

中国明代にイスラム圏から輸入された、青花(染め付け)に用いる青色のコバルト顔料。回回青

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいせい【回青】

顔料の一。イスラム教圏から中国明朝に輸入された青色顔料で、主に磁器の絵付けに用いられた。回回青。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の回青の言及

【染付】より

…しかしこの青料は明初後半15世紀中ごろに輸入が絶え,これに代わって中国内地で発見された無名異とか画焼青と呼ぶ青料(土青)を加えるようになったため,青花の色調は変わった。明中期の初頭16世紀はじめには再び西方より青料がもたらされるようになったが,これがイスラム教圏からもたらされたため,中国で回青(かいせい)と呼んでいる。 明代に入ると江西省景徳鎮に御器廠が設けられ,明初の永楽~宣徳期(1403‐35)には技法もいっそう洗練され様式化も進み,そのころから〈大明宣徳年製〉の官窯銘も用いられた。…

※「回青」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

回青の関連キーワード野村 治三郎(8代目)体育・スポーツ国際憲章ニコライ トカレフキム ユンジン山本 滝之助大道寺 繁禎石川 きぬ子ヒュウガナツ表現主義美術生涯スポーツ横山 祐吉図書館戦争山本滝之助T.O.P丹羽 洋岳小畠 鼎子福岡 青嵐橙・臭橙小島麻子ダイダイ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

回青の関連情報