コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

囲籾 かこいもみ

1件 の用語解説(囲籾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

囲籾
かこいもみ

囲米 (かこいまい) ともいう。江戸時代,幕府が非常時にそなえて,諸藩,町村などに命じて備蓄した籾米。備荒貯蓄が目的であったが,中期以降は米価調節にも利用された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の囲籾の言及

【囲米】より

…江戸時代,幕府や藩がみずから,あるいは家臣・町人・農民に命じて貯蔵させた米穀。長期の保存に耐える籾を用いることが多いので囲籾ともいう。幕府自身の囲米としては,幕初から年貢米の一部が米蔵に蓄えられており,1843年(天保14)には江戸浅草御蔵に14万石のほか小菅,大坂,二条,駿府など合計55万石であった。…

※「囲籾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

囲籾の関連キーワード囲米囲い米囲い者囲い籾囲い山救い米点火コイルかこいや下今井囲込み