コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米価調節 ベイカチョウセツ

デジタル大辞泉の解説

べいか‐ちょうせつ〔‐テウセツ〕【米価調節】

米価の暴騰暴落を防ぐために、政府が米を生産者から買い上げ、消費者払い下げを行って、米の価格を調節すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の米価調節の言及

【囲米】より

…大名には,1633年(寛永10)以来,城詰米と称して宇都宮,松本,諏訪,膳所藩など要地の譜代大名に幕府米の貯蔵と詰替えを命じている。これらは幕府の全国支配の一環として軍事上や飢饉対策,米価調節に利用された。このほか米価対策として行われた囲米として,(1)幕領年貢収納量がピークに達した宝暦年間(1751‐64)に,諸大名にたいし1万石につき籾1000俵の囲置きを命じた例,(2)寛政(1789‐1801)初年に幕領農村に郷倉を設置したり,江戸・大坂に籾蔵を建てるなどして,農民・町人に貯籾を命じ,凶作時の夫食(ぶじき)・救米の備えとした例,(3)低米価に悩んだ文化年間(1804‐18)に,大坂の豪商に囲米を命じ米価引上げを図った例などがある。…

※「米価調節」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

米価調節の関連キーワード藤本清兵衛(初代)平野屋五兵衛本庄 栄治郎酒造制限令本庄栄治郎小山 健三藤本清兵衛囲米・囲籾町田忠治小山健三田中葵園和田豊治常平倉米穀法預備倉米将軍米騒動買持米囲い米米価

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android