コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非常時 ひじょうじ national emergency

4件 の用語解説(非常時の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

非常時
ひじょうじ
national emergency

国内的または国際的に重大な危機に直面したときをいう。日本では 1930年代前半,満州事変国際連盟脱退ワシントン条約廃棄などにより国際的に孤立し,国内では経済恐慌が深まるなかで血盟団事件五・一五事件などが相次ぎ,この言葉が盛んに用いられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひじょう‐じ〔ヒジヤウ‐〕【非常時】

非常の事態が起こった時。「非常時の脱出口」
国家的、国際的に重大な危機に直面した時。「国家の非常時

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ひじょうじ【非常時】

1932年の五・一五事件後に危機意識をあおり,国民を国家総力戦体制に動員する地ならしをおこなうために用いられた流行語。この言葉は,満州事変勃発後における日本の国際的孤立化,血盟団事件や五・一五事件などの政治テロの横行,農業恐慌の深刻化,労農運動の継続など,内外の危機的状況を包括的にあらわす言葉として用いられ,斎藤実・岡田啓介両内閣をはじめ,軍部・右翼・ジャーナリズムなどによって高唱された。具体的には内政面では政党政治の否認,軍部と新官僚の発言権強化の容認,農山漁村経済更生運動による農民の組織化など,国際面では反中国・反国際連盟を中心とする排外主義の高唱,ワシントン海軍軍縮条約の期限切れを理由とする〈1935,36年の危機〉説の宣伝と軍備拡張の主張など,思想面では国体明徴運動にみられるような天皇崇拝と日本主義国体論による国民の思想統一などが,いずれも〈非常時〉の合言葉のもとにおこなわれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひじょうじ【非常時】

国家が重大な危機に直面した時。戦争など国際間に重大な事態の起こった時。
ふだんと異なった危急の時。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

非常時の関連キーワード危機意識五・一五事件重臣会議五・一五事件・五一五事件三・一五事件・三一五事件救農議会五・一五事件四・一六事件七・一五事件六・一五事件

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

非常時の関連情報