備荒貯蓄(読み)びこうちょちく

日本大百科全書(ニッポニカ)「備荒貯蓄」の解説

備荒貯蓄
びこうちょちく

凶作・飢饉(ききん)に備え米穀・金銭を貯蔵すること。古来、義倉(ぎそう)・社倉(しゃそう)・常平倉(じょうへいそう)などが設けられ、江戸時代の囲米(かこいまい)・囲籾(かこいもみ)も備荒用の性格が濃かった。なお、明治前期(1880~1899)の備荒儲蓄法(びこうちょちくほう)は窮民対策より地租確保を主眼とするものであった。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「備荒貯蓄」の解説

びこう‐ちょちく ビクヮウ‥【備荒貯蓄】

〘名〙 凶年の備えとして貯蓄すること。また、その貯蓄物。
※太政官達第二五号‐明治一八年(1885)六月五日(法令全書)「備荒儲蓄、軍艦製造費、紙幣消却元資繰入等ニ於テ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android