図に乗る(読み)ズニノル

とっさの日本語便利帳の解説

図に乗る

企てが思いどおりに運び、調子に乗りすぎること。つけあがる。悪乗りする。「」は企てのこと。また、「図に当たる」は、思いどおりにことが運ぶ意。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ず【図】 に 乗(の)

(「ず」は「頭」をあてることも多い) 自分の思うように事がはこぶ。勢いよく事がはこぶ。また、そういう状態なので、いい気になってつけあがる。調子に乗る。
※俳諧・口真似草(1656)一「はづさぬは頭(ヅ)にのり弓の矢先哉〈頼房〉」
※浮世草子・日本永代蔵(1688)二「何事しても頭(ヅ)に乗(ノ)って、今は金銀うめきて、遣(つか)へど跡はへらず」
※浄瑠璃・平仮名盛衰記(1739)四「強そろへを言立つれば山伏も図に乗って、強ふ見せんと拳(こぶし)をにぎりひぢを張」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android