図抜・頭抜(読み)ずぬけ

精選版 日本国語大辞典の解説

ず‐ぬけ づ‥【図抜・頭抜】

〘名〙 (形動) 並みはずれていること。また、そのさま。
※歌舞伎・久米仙人吉野桜(1744頃)弐ノ口「それが嘘じゃ。徒も徒、ずぬけの徒をしやるじゃないか」

ず‐ぬ・ける づ‥【図抜・頭抜】

〘自カ下一〙 づぬ・く 〘自カ下二〙 (「ず」は接頭語) 標準よりもとびぬけてすぐれる。並みはずれてすぐれる。きわだって差がある。とびぬける。ずばぬける。
※史記抄(1477)一二「賢士と云者は千人万人の中からすぬけて出るものぢゃぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android