図書館運動(読み)としょかんうんどう(英語表記)library movement

図書館情報学用語辞典の解説

図書館運動

広義には,「図書館発展を目標とした運動」と定義され,第二次大戦前から図書館界において展開されてきた.狭義には,1960年以降の図書館員による図書館サービス充実に向けた運動と地域住民による図書館づくりを目指した運動を指す.運動の中心は,住民すべてが図書館サービスを享受するための図書館づくりに置かれている.特に『中小都市における公共図書館の運営』(1963)の公刊以降,図書館運動の焦点は貸出を中心とした図書館サービスの全国的普及に置かれるようになった.近年では町村立図書館の設置に向けた運動も活発化している.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android