固根・癤(読み)かたね

精選版 日本国語大辞典の解説

かた‐ね【固根・癤】

〘名〙 癰(よう)の一種。背中、大腿部、臀部(でんぶ)など、脂肪の多い部分にでき、皮膚が赤くはれて固くなり、中心部が化膿し、痛みのひどいもの。根太(ねぶと)
新撰字鏡(898‐901頃)「癤 倉々也 加太禰」
※中右記‐大治二年(1127)四月二六日「此十余日右腰下有堅根、遠行之間有更発気」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android