コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国司館 こくしかん

防府市歴史用語集の解説

国司館

 国府[こくふ]の役人(国司[こくし])が住む場所のことです。住むだけではなく、日常的な仕事も国司館でしていました。周防国府[すおうこくふ]の場合では,平安時代の中頃になると、国司の住む国司館が政庁の役目もするようになります。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

国司館の関連キーワード霊山県立自然公園伊勢国府跡近江国府跡筑後国府跡霊山(山)田丸城霊山城霊山

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国司館の関連情報