中頃(読み)なかごろ

精選版 日本国語大辞典「中頃」の解説

なか‐ごろ【中頃】

〘名〙
① 歴史上あまり遠くない昔。中世。また、あまり遠くない過去。
書紀(720)大化元年七月(北野本訓)「中間(ナカコロ)任那の国を以て百済に属(つ)け賜ふ」
② ある期間や人の一生などのなかほどの頃。また、なかほどの所。中途。中間。
※観智院本三宝絵(984)下「天長のなかころ、はじめてにのぼれり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「中頃」の解説

なか‐ごろ【中頃】

中ほどの場所。中ほどの時期。物事の中間。途中。「坂の中頃にあるポスト」「番組中頃コマーシャルが入る」「五月の中頃
歴史上、あまり遠くない昔。中ほどの時代。
「―小野小町とて、みめかたち世にすぐれ」〈平家・九〉
[類語]中盤中間あいだ中程なかほど・真ん中辺へん半ば中途

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android