中頃(読み)ナカゴロ

デジタル大辞泉の解説

なか‐ごろ【中頃】

中ほどの場所。中ほどの時期。物事の中間。途中。「坂の中頃にあるポスト」「番組の中頃にコマーシャルが入る」「五月の中頃
歴史上、あまり遠くない昔。中ほどの時代。
「―小野小町とて、みめかたち世にすぐれ」〈平家・九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

なか‐ごろ【中頃】

〘名〙
① 歴史上あまり遠くない昔。中世。また、あまり遠くない過去。
※書紀(720)大化元年七月(北野本訓)「中間(ナカコロ)、任那の国を以て百済に属(つ)け賜ふ」
② ある期間や人の一生などのなかほどの頃。また、なかほどの所。中途。中間。
※観智院本三宝絵(984)下「天長のなかころ、はじめて山にのぼれり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報