国宣旨(読み)クニセンジ

大辞林 第三版の解説

くにせんじ【国宣旨】

平安時代、太政官の弁官から諸国に下した公文書。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くに‐せんじ【国宣旨】

〘名〙 平安時代以降、弁官から諸国に下した公文書。
※西宮記(969頃)一三「国宣旨〈尋常事、左弁官下宣旨、凶事、右弁官下宣旨〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の国宣旨の言及

【宣旨】より

… 平安時代,太政官上卿の宣を官符・官牒以外に弁官局から文書を出す方法がいくつかあったが,これらを区別するそれぞれの名称が使われていた。大宣旨とは朝儀・公事の用度の申請書の裏に加えた弁官奉の外題宣旨,小宣旨とは京官司にあてた官宣旨,国宣旨は諸国に下す官宣旨,口宣とは史が宣旨の代りに口頭で第三者に伝え,第三者が認めた宣旨のことであるが,鎌倉時代以降はこうした名称は使用されなくなる。ただし,単に宣旨という場合は,口宣や官宣旨を指す場合があり,その判断には十分注意する必要がある。…

※「国宣旨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android