凶事(読み)きょうじ

精選版 日本国語大辞典の解説

きょう‐じ【凶事】

〘名〙 縁起の悪いできごと。悪い予感を抱かせるできごと。
※続日本紀‐天応元年(781)六月壬子「毎凶事、例多殉埋」
※太平記(14C後)四〇「毎度天下の凶事(ケウじ)にて」 〔易経‐下経益卦〕

きょ‐じ【凶事】

〘名〙 「きょうじ(凶事)」の変化した語。
※浄瑠璃・鬼鹿毛無佐志鐙(1710頃)一「小栗は短気な人なれば、もしや凶事(キョジ)の出で来んと、固唾(かたづ)を呑んで居たりけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報