コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国法銀行 コクホウギンコウ

デジタル大辞泉の解説

こくほう‐ぎんこう〔コクハフギンカウ〕【国法銀行】

national bank》米国の商業銀行の種類の一。1863年の国法銀行法により、連邦政府の認可を受けた銀行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の国法銀行の言及

【連邦準備制度】より

…同委員会は最低年4回ワシントンで開催され,金融・経済問題について連邦準備制度理事会と協議し,連邦準備制度に関する諸事項について理事会へ勧告を行う。 加盟銀行member banksとは連邦準備制度に加盟している銀行のことであるが,典拠法の違いによって国法銀行と州法銀行がある。国法銀行は加盟が義務づけられているが,州法銀行は加盟は任意である。…

※「国法銀行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

国法銀行の関連キーワード連邦準備制度金融機関国立銀行ドル

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android