コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国父紀念館 こくふきねんかん

1件 の用語解説(国父紀念館の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

こくふきねんかん【国父紀念館】

台湾の首都台北(臺北、タイペイ)市内の中山公園にある紀念(記念)館。台湾(中華民国)の国父と称えられている孫文の誕生100年を記念して、1972年に建てられた。音楽会や演劇が上演される3000人収容の大ホールや中小会議室、資料展示室を備えた文化施設になっている。入口正門玄関の中央には、高さ5.8mの孫文のブロンズ像が建っている。また、ここでは衛兵の交代式が見られる

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国父紀念館の関連キーワード台北台湾栗鼠ぺいぺいスタイペンド台湾高速鉄道台北マラソントイペ台湾の5大市長選孤蓬万里台湾神宮

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国父紀念館の関連情報