コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交代式 こうたいしき alternating expression

5件 の用語解説(交代式の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

交代式
こうたいしき
alternating expression

n 個の文字 x1x2,…,xn の整式,あるいは有理式 F(x1x2,…,xn) において,任意の2変数 xixj を取替えると,もとの式と符号だけが変るとき,すなわち,F(x1,…,xi,…,xj,…,xn)=-F(x1,…,xj,…,xi,…,xn)が成り立つとき,式 Fx1x2,…,xn の交代式という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうたい‐しき〔カウタイ‐〕【交代式】

有理式において、その中の任意の二つの変数を交換すると、式の符号だけが変わった式となるもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうたいしき【交代式 alternating expression】

3変数の多項式 f(x,y,z)=x2yy2xy2zz2yz2xx2z g(x,y,z)=x4yy4xy4zz4yz4xx4z  -x3y2x2y3y3z2z3y2z3x2x3z2において,xyを入れかえると,符号が変わって,それぞれ-f(x,y,z),-g(x,y,z)となる。yzあるいはzxを入れかえても同じである。このような多項式のことを交代式と呼ぶ。一般にn変数の多項式f(x1,……,xn)のうちで,変数x1,……,xnの順序を入れかえたとき,f(x1,……,xn)か-f(x1,……,xn)となるもので,対称式でないものを交代式という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうたいしき【交代式】

多項式で、その中の任意の二つの文字を入れ換えると、もとの式と符号だけ違った式になるもの。x -y など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

交代式
こうたいしき

n個の変数x1、x2、…、xnの多項式において、任意の二つの変数を交換すると、もとの式の符号だけを変えた式が得られるとき、その式はx1、x2、…、xnに関する交代式であるという。たとえば、二つの変数x、yの多項式
  f(x, y)=x3-x2y+xy2-y3
のxとyを入れ換えて新しい多項式をつくる。
  f(y, x)=y3-y2x+yx2-x3
この多項式はもとの多項式f(x, y)に-1を掛けたものになる。つまり
  f(y, x)=-f(x, y)
 このような多項式の性質を、変数を増やして考えたものが交代式である。つまり、n個の変数x1、x2、…、xnの多項式f(x1, x2,…, xn)で異なるiとjに対し、xiとxjを入れ換えると、もとの多項式f(x1, x2,…, xi,…, xj,…, xn)からf(x1, x2,…, xj,…, xi,…, xn)ができる。この二つの多項式を比べたとき、
  (*) f(x1,…, xi,…, xj,…, xn)=-f(x1,…, xj,…, xi,…, xn)
が任意の相異なるiとjに対して成り立つとき、この多項式fを交代式という。(*)のかわりに
  f(x1,…, xi,…, xj,…, xn)=f(x1,…, xj,…, xi,…, xn)
が成り立つのが対称式である。
 二つの交代式の和、差はまた交代式であるが、積は対称式になる。また、対称式と交代式の積は交代式である。n変数の交代式でいちばん簡単で重要なものは

である。このΔnは1≦i<j≦nなるすべてのi、jに対し、差(xi-xj)をつくり、その積をとったものであるから、差積といわれる。たとえば
  Δ2=x1-x2,
  Δ3=(x1-x2)(x1-x3)(x2-x3)
である。(*)式でxi=xjと置いてみると
  f(x1,…, xi,…, xi,…, xn)=-f(x1,…, xi,…, xi,…, xn)
となり、f(x1,…, xi,…, xi,…, xn)=0を得るから、交代式f(x1,……, xn)はxiの一変数多項式として解xjをもち、(xi-xj)で割り切れる。したがって任意の差(xi-xj)(i<j)で割り切れるから、それらの積である差積Δnで割り切れる。
  f(x1,……, xn)=Δn・s(x1,……, xn)
なる多項式s(x1,……, xn)を考えると、fとΔnは交代式であるから、sは対称式になる。ここで対称式の基本定理を使うと、sは基本対称式s1、s2、……、snの多項式になる。ここで

である。ゆえに任意の交代式は、基本対称式の多項式と差積の積になる。この結果は交代式の因数分解などに使われる。たとえば
 x3-x2y+xy2-y3
は交代式であるからΔ2=x-yで割り切れる。実際割り算を行って、商x2+y2を得るから
 x3-x2y+xy2-y3
  =Δ2(x2+y2)=Δ2(s12-2s2)
となる。[菅野恒雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

交代式の関連キーワード従属変数因数定理係数剰余定理全微分増分対称式代数関数媒介変数因数

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

交代式の関連情報