コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国立オペラ座 こくりつオペラざ

1件 の用語解説(国立オペラ座の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

こくりつオペラざ【国立オペラ座】

オーストリアの首都ウィーンにあるベネチアルネサンス様式オペラ劇場。オペラ座フランス・パリ)、スカラ座イタリアミラノ)とともにヨーロッパ3大オペラ劇場の一つに数えられている。日本では、2002年から小澤征爾音楽監督を務めていたことでも知られる(2010年まで)。開館は1869年。1920年までは「ウィーン宮廷歌劇場」と呼ばれていた。こけら落としの公演はモーツァルトの名作オペラ『ドン・ジョバンニ』だった。7~8月を除く毎日、一流のオペラやバレエの上演が行われている。館内はロココ調に統一され、大理石の広間やゴブラン織り、モーツァルトの「魔笛」をモチーフにしたフレスコ画など見どころが多い。内部の見学ツアーも用意されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国立オペラ座の関連キーワード維納ウィーンの森カーレンベルクドナウタワーVPOフリウリベネチアジュリアベネチア広場ウィーンの花の舞踏会ウィーンフィル舞踏会レゾナンツェン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国立オペラ座の関連情報