コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魔笛 まてきDie Zauberflöte

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

魔笛
まてき
Die Zauberflöte

モーツァルト作曲の最後のオペラ (→ジングシュピール ) 。2幕から成り,台本は E.シカネーダーによる。 1791年ウィーンで初演。フリーメーソン的要素をもち,当時のあらゆる音楽形式を総合したものとしてベートーベンが賛嘆したといわれ,ロマン派オペラに大きな影響を与えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

魔笛

モーツァルトが最晩年の1791年に庶民のために書いた音楽劇。捕らわれの身となったパミーナに恋をした王子タミーノが、魔を手に鳥刺しの青年パパゲーノとともに彼女を救い出す旅に出る。今も屈指の人気を誇る。

(2012-02-14 朝日新聞 朝刊 朝文化1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ま‐てき【魔笛】

魔法の笛。魔力のある笛。

まてき【魔笛】[曲名]

《原題、〈ドイツ〉Die Zauberflöteモーツァルト作曲のオペラ。2幕。1791年ウィーンで初演。王子タミーノが魔法の笛を携えて夜の女王の娘パミーナを救い出し、彼女と結ばれるまでの物語。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

魔笛【まてき】

モーツァルトの最後のオペラ。1791年に作曲され同年ウィーンで作曲者の指揮により初演された。2幕からなり,台本は,俳優・歌手・台本作家として知られたドイツ人E.シカネーダー〔1751-1812〕。
→関連項目鉄琴

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

魔笛

オーストリアの作曲家W・A・モーツァルトのドイツ語による全2幕のオペラ(1791)。原題《Die Zauberflöte》。王子タミーノが高僧ザラストロの宮殿から夜の女王の娘パミーナを救出し、二人が結ばれて悪が滅びるという物語。

魔笛

フランスの振付家モーリス・ベジャールによるバレエ(1981)。原題《La Flûte Enchantée》。初演は20世紀バレエ団。モーツァルトの同名のオペラに基づく全2幕の作品。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まてき【魔笛 Die Zauberflöte】

モーツァルトの最後のオペラ(K.620)で,2幕からなる。没年の1791年にウィーンで作曲,初演された。台本は劇場支配人で俳優や歌手もつとめたシカネーダーEmanuel Schikaneder(1751‐1812)により,ドイツ語で書かれている。18世紀ドイツの民衆的なオペラ形式であるジングシュピールに属し,その圧倒的成功によって,R.ワーグナーに至るドイツ国民オペラの発展にとって決定的な第一歩となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

まてき【魔笛】

魔力をもった笛。魔法の笛。

まてき【魔笛】

モーツァルト作曲のオペラ。二幕。1791年初演。ドイツ-オペラの出発点となった作品。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

魔笛
まてき
Die Zauberflte

モーツァルトが1791年に作曲した二幕のオペラ(K620)。興行師兼作者・俳優のシカネーダーJohann Emmanuel Schikaneder(1751―1812)の台本による。古代エジプトを舞台に繰り広げられる幻想的な妖精(ようせい)劇だが、その根底には、モーツァルト自身シカネーダーとともに所属していた思想的結社フリーメーソンの道徳観が示されている。森に迷い込んだ異国の王子タミーノは、夜の女王に仕える3人の侍女に助けられ、女王の娘パミーナの絵姿を渡される。パミーナにひと目ぼれしたタミーノは鳥刺しパパゲーノを伴い、僧ザラストロに捕らえられているという彼女を救出に出かける。ザラストロの神殿にたどり着いたタミーノは、この僧が悪者ではないことを知り、パミーナと結ばれるための試練を受ける。みごと試練を克服した2人は、かわいい女房パパゲーナと出会ったパパゲーノらとともに神をたたえる。音楽をつなぐ叙唱のかわりに台詞(せりふ)を用いる、歌劇よりもむしろジングシュピール(歌入り芝居)とよばれるべきこの作品では、しばしば筋の混乱が非難されるが、その象徴的内容と豊かで美しい音楽は、近代ドイツ・オペラの幕開きを告げる最高傑作たるにふさわしい。作曲年の9月30日ウィーン初演、初日と2日目はモーツァルト自身が指揮した。日本初演は1953年(昭和28)グルリット・オペラ協会。[三宅幸夫]
『A・チャンパイ、D・ホラント編『名作オペラブック5 魔笛』(1986・音楽之友社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の魔笛の言及

【オペラ】より

… しかし,18世紀の後半からは,すでに触れたようにドイツのジングシュピールやフランスのオペラ・コミックのように,自国語をテキストとし,しだいに上昇してくる市民階級を基盤とした,新しいタイプの国民的なオペラが勃興してくる。ウィーンの場末の劇場で上演されたモーツァルト晩年の名作《魔笛》は,その一例である。この種のオペラは,素朴なセンチメント,見世物的興味,悪の世界と善の世界の対立といったモティーフを共通の要素として,一方ではケルビーニの《二日間》からベートーベンの《フィデリオ》へつながるサスペンスに満ちた〈救出オペラ〉へと発展し,他方ではウェーバーの《魔弾の射手》に典型的な例を見る国民的なタイプのロマン派オペラへとつながっていった。…

【宗教音楽】より

…日本の神道などでも用いられている〈がらがら〉の一種であるシストルムは,イシスの礼拝に用いられた金属楽器の同類である。さらに,モーツァルトの《魔笛》にはフリーメーソンに関連して,古代エジプト以来の〈オカルト〉的伝承の独自な意味づけが見られる。
[古代インドとその流れ]
 カースト制の最上位にあるブラーフマナは,古い宗教的・哲学的音楽文化を継承し,発展させてきた。…

【モーツァルト】より

…コンスタンツェのバーデンでの療養生活はこのような家計をさらに圧迫することになる。 91年には最後の《ピアノ協奏曲》(第27番K.595)やクラリネット協奏曲(K.622)が書かれたほか,興行師シカネーダーの依頼で,ジングシュピール《魔笛》(K.620)が作曲された。9月末に初演されたこのドイツ語オペラはしだいに成功を収めていくが,それに先立って見知らぬ男から注文を受けたという《レクイエム》(K.626)の作曲やボヘミア王としてのレオポルト2世の戴冠式祝典オペラ《ティート帝の慈悲》(K.621)のプラハ初演などがさしはさまれる。…

【ロマン派音楽】より

…ウィーンを中心に,魔法劇のジングシュピールが流行したのも一つの先駆といえる。モーツァルトの《魔笛》からシューベルトの《魔法のハープ》(1820)へ向かうこの幻想劇の線に沿って,ホフマンの《ウンディーネ》(1816),ウェーバーの《魔弾の射手》(1821)が生まれる。ウェーバーはまた《オベロン》(1826)でも序曲冒頭に〈魔法のホルン〉のモティーフを使って,ロマン的妖精劇を展開した。…

※「魔笛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

魔笛の関連キーワードウンダーリヒ(Fritz Wunderlich)ベルガー(Erna Berger)ゲルハルト.W. シュトルツェアンネリーゼ ローテンベルガーウルトラマンビクトリーナイトシルヴィオ ヴァルヴィーゾエディタ グロベローヴァエディタ グルベローヴァキンボウ・イシイ エトウフリッツ ウンダーリヒペーター シュライアージュリアン ファヴロージューン アンダーソンフェリシティ ロットリヒャルト タウバーエリザベット ロスユリアーネ バンゼディアナ ダムラウハンス ホッターリーザ オットー

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

魔笛の関連情報