コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国連憲章の再検討 こくれんけんしょうのさいけんとう Review of the United Nations Charter

1件 の用語解説(国連憲章の再検討の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国連憲章の再検討
こくれんけんしょうのさいけんとう
Review of the United Nations Charter

拒否権など大国のもつ特権については,国連憲章の採択時に中小国から不満が表明され,国連の民主化問題の一つとしてしばしば指摘されてきた。憲章中に,憲章改正に関する規定 (第 108条) とは別に,憲章再審議に関する規定 (第 109条) が設けられ,憲章および国連の役割強化に関する特別委員会 (日本など 47ヵ国) で審議が行われることになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国連憲章の再検討の関連キーワード供述拒否権拒否権国連安全保障理事会特権平和のための結集決議輔弼テンダーネスG4案国連への加盟海事債権についての責任の制限に関する条約

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone