審議(読み)しんぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「審議」の解説

審議
しんぎ

会議において議題を慎重に評議・検討すること。特に政治領域では,審議は議会制度を支える重要な原理の一つである。議会政治は代表者を通じて議案を理性的に討議し,合理的な議決を行うことを原則としているが,これらの原則を達成するうえで十分な審議は不可欠の条件である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「審議」の解説

しん‐ぎ【審議】

[名](スル)ある物事について詳しく調査・検討し、そのもののよしあしなどを決めること。「原案を審議する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「審議」の解説

しん‐ぎ【審議】

〘名〙 くわしく調べ検討して、その可否を討議すること。また、審査して評議すること。
※大日本帝国憲法(明治二二年)(1889)五六条「重要の国務を審議す」 〔宋史‐職官志・四〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android