審議(読み)しんぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「審議」の解説

審議
しんぎ

会議において議題を慎重に評議・検討すること。特に政治領域では,議は議会制度を支える重要な原理の一つである。議会政治は代表者を通じて議案を理性的に討議し,合理的な議決を行うことを原則としているが,これらの原則を達成するうえで十分な審議は不可欠の条件である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「審議」の解説

しん‐ぎ【審議】

〘名〙 くわしく調べ検討して、その可否を討議すること。また、審査して評議すること。
※大日本帝国憲法(明治二二年)(1889)五六条「重要の国務を審議す」 〔宋史‐職官志・四〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「審議」の解説

しん‐ぎ【審議】

[名](スル)ある物事について詳しく調査・検討し、そのもののよしあしなどを決めること。「原案を審議する」
[類語]合議協議会談謀議評議会議相談打ち合わせ下相談談合示談話し合い商議評定ひょうじょう鳩首きゅうしゅ凝議ぎょうぎ内談会合ミーティング集会寄り合い集まり座談会集いまどい団欒討論討議密議衆議シンポジウムディスカッションパネルディスカッションフォーラムフォーラムディスカッションディベート

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「審議」の解説

【審議】しんぎ

十分に討議する。〔魏書、世宗紀〕(正始二年)任治は、昔よりのなり。~中正の銓する、但だ門第を存し、部の彝倫(いりん)、仍(な)ほ才擧せず。~座(各省長官)、代貢士の方、賢の體を審議すべし。

字通「審」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android