コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

審議 しんぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

審議
しんぎ

会議において議題を慎重に評議・検討すること。特に政治の領域では,審議は議会制度を支える重要な原理の一つである。議会政治代表者を通じて議案を理性的に討議し,合理的な議決を行うことを原則としているが,これらの原則を達成するうえで十分な審議は不可欠の条件である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しん‐ぎ【審議】

[名](スル)ある物事について詳しく調査・検討し、そのもののよしあしなどを決めること。「原案を審議する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんぎ【審議】

( 名 ) スル
会議を開き、事情を調べ、可否を相談すること。 「法案を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

審議の関連キーワード地方最低賃金審議会中央最低賃金審議会中央労働基準審議会中央産業教育審議会財政制度等審議会労働基準審議会最低賃金審議会産業構造審議会金利調整審議会証券取引審議会医療保険審議会臨時教育審議会交通政策審議会中央教育審議会社会保障審議会与野党対決法案資源調査会大学審議会法制審議会学術審議会

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

審議の関連情報