コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際労働力移動 こくさいろうどうりょくいどう international labor flow

2件 の用語解説(国際労働力移動の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際労働力移動
こくさいろうどうりょくいどう
international labor flow

国境を越える労働力の移動のこと。労働力は人と不可分なので,出入国が自由でないかぎり労働市場は国ごとに分断され,財・金融の市場に比べて国際的になりにくい。こうした移動労働力の全体をとらえることは難しいが,ECでは 1985年に域内で国境を越えて移動した労働者数は 186万 3000人,域外国からの移動は 221万 9000人,アメリカでは移民許可者が 57万人,移民以外で労働を目的とした入国者数は8万 8000人という推計があり,近年は緩やかな増加が見られている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こくさいろうどうりょくいどう【国際労働力移動 international labour migration】

国際労働力移動とは,国境を超える労働力の空間的移動であり,商品や資本の国際移動と並んで国際経済関係を形成する重要な要素である。と同時にそれは,生きた人間の移動にほかならないので,世界各地域の民族的・人種的構成のあり方に大きな影響を及ぼしてきた。
[概念]
 広域にわたる人間の空間的移動それ自体は,古くから,さまざまな動機により,さまざまな形態で行われてきたが,資本主義世界経済が成立して以来,それは主として資本の必要に応じた労働力の移動という性格を帯びるようになり,また国家の法的・政治的規制を受けるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国際労働力移動の関連キーワードWCL国際労働機関憲章国際労働憲章IILS国際労働会議ルイスの転換点労働力統計労働力の使用価値労働力の商品化労働力の売買

国際労働力移動の関連情報