国際労働力移動(読み)こくさいろうどうりょくいどう(英語表記)international labor flow

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「国際労働力移動」の意味・わかりやすい解説

国際労働力移動
こくさいろうどうりょくいどう
international labor flow

国境を越える労働力の移動のこと。労働力は人と不可分なので,出入国が自由でないかぎり労働市場は国ごとに分断され,財・金融の市場に比べて国際的になりにくい。こうした移動労働力の全体をとらえることは難しいが,ECでは 1985年に域内で国境を越えて移動した労働者数は 186万 3000人,域外国からの移動は 221万 9000人,アメリカでは移民許可者が 57万人,移民以外で労働を目的とした入国者数は8万 8000人という推計があり,近年は緩やかな増加が見られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android