コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際原子量 こくさいげんしりょうinternational atomic weight

2件 の用語解説(国際原子量の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際原子量
こくさいげんしりょう
international atomic weight

国際純正・応用化学連合 IUPACの下部機関である,国際原子量委員会によって協定,発表される原子量の値。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の国際原子量の言及

【原子量】より

…原子量は,種々の化合物の分子量や同位体の質量および存在比の測定等をもとにして正確に求められ,測定法の進歩とともにその精度は年々高くなっている。現在は,国際的に採用決定された国際原子量が用いられる。19世紀末,アメリカ化学会,次いでドイツ化学会によってその値の発表が行われ,1919年に〈国際純正応用化学連合(IUPAC)〉が組織されて以来,その下部機構としての国際原子量委員会による討議決定にもとづく国際原子量が毎年公示されており,最近では同位体比のゆらぎ,測定精度のばらつきによる数値の誤差に対する詳細な配慮にもとづく注釈がつぎつぎ加えられるようになった。…

※「国際原子量」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

国際原子量の関連キーワードニホニウムブタンニホニウム周期表高分子ポリマーアボガドロ定数フレロビウムリバモリウム超ウラン元素ウンウンオクチウム

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone