コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際原子量委員会 こくさいげんしりょういいんかい

1件 の用語解説(国際原子量委員会の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

国際原子量委員会【こくさいげんしりょういいんかい】

国際純正および応用化学連合(IUPAC)内の一委員会。年々精密になる原子量について検討し,隔年に国際原子量表を発表する。1919年国際化学協会(現IUPAC)が設立された際,各国の代表委員が集まり,1923年以来数度原子量表を発表してきたが,1930年にこれを常任委員制の国際原子量委員会とし,1931年より国際原子量表を発表している。
→関連項目原子量

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の国際原子量委員会の言及

【原子量】より

…現在は,国際的に採用決定された国際原子量が用いられる。19世紀末,アメリカ化学会,次いでドイツ化学会によってその値の発表が行われ,1919年に〈国際純正応用化学連合(IUPAC)〉が組織されて以来,その下部機構としての国際原子量委員会による討議決定にもとづく国際原子量が毎年公示されており,最近では同位体比のゆらぎ,測定精度のばらつきによる数値の誤差に対する詳細な配慮にもとづく注釈がつぎつぎ加えられるようになった。【藤本 昌利】。…

※「国際原子量委員会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国際原子量委員会の関連キーワード応用化学酵素国際純正・応用化学連合IUPACIUPAP国際純粋・応用物理学連合国際純粋および応用物理学連合国際純正および応用化学連合国際純正および応用物理学連合純正化学

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone