コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際粗鋼カルテル こくさいそこうカルテルInternational Steel Cartel; ISC

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際粗鋼カルテル
こくさいそこうカルテル
International Steel Cartel; ISC

第1次世界大戦後の鉄鋼生産の著しい増加と国際競争の激化による価格の低落に対する措置として,ドイツ,フランス,ベルギー,ルクセンブルク,ザール間で 1926年に成立をみた鉄鋼カルテル。生産高などの協定がなされた。のちにオーストリア,チェコスロバキア,ハンガリー,ユーゴスラビアなどが参加した。 29年恐慌後の混乱で一時形骸化したが,33年には,イギリス,アメリカが参加して,新たに国際粗鋼輸出組合 Internationale Rohstahl-Export-gemeinschaft (IREG) が結成された。これが第2次世界大戦勃発までの世界の鉄鋼貿易のほとんどを支配したが,39年に消滅した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android