コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際英語 こくさいえいごInternational English

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際英語
こくさいえいご
International English

国際的な伝達手段としての英語。現在では国際的な意思疎通の手段として英語が用いられる機会が多く,英語圏の人々と接触する場合はもとより,英語圏以外の人々のコミュニケーションにも英語が有力な手段となっている。英語には,地域的・社会階層的な変種が数多く存在する。イギリス英語・アメリカ英語などはよく知られているが,このような母語としての英語のほかに,フィリピンではフィリピン特有の英語が,インドではインド特有の英語が使われている。この種の非母語英語はそれぞれの地域の諸事情に応じた使われ方をする中で土着語の干渉を受けて母語英語とはかなり異なった発音・文法・語彙 (ごい) 体系を持つに至っている。たとえば西アフリカでは"We should leave now, is it?"のような付加疑問の用法があり,また"hot drink"といえばアルコールのことを指す。英語の非母語変種は非常に多岐にわたるが,その違いによって相互の意思疎通が図れなくなるというわけではない。このような変種の存在を尊重した上で英語を国際語として使っていこうというのが国際英語を提唱する人々の立場である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

国際英語の関連キーワード大阪女学院大学名古屋女子大学CLIL木村琴音中京大学

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国際英語の関連情報