コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

語彙 ごい vocabulary

翻訳|vocabulary

5件 の用語解説(語彙の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

語彙
ごい
vocabulary

ある一つの国語,方言あるいは作品などの単語の総体。現代英語の語彙,東京方言の語彙,『源氏物語』の語彙,などのようにいう。各個人のもつ語彙はそれぞれ異なり,ある言語の語彙はそれを話す人の語彙の総和といえる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ご‐い〔‐ヰ〕【語彙】

《「彙」は集める意》
ある言語、ある地域・分野、ある人、ある作品など、それぞれで使われる単語の総体。「語彙の豊富な人」「学習基本語彙
ある範囲の単語を集録し、配列した書物。「近松語彙

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

語彙【ごい】

一定の範囲(すなわち一個人あるいは一つの言語集団)の言語に表れる単語の総称。これを体系的に記述研究する言語学の分野を語彙論という。語彙のうち,一般の正常な社会生活に必要と思われる基本的なものを基本語彙といい,その数は1500〜3000語とされる。
→関連項目比較言語学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ごい【語彙】

〔vocabulary〕 ある一つの言語体系で用いられる単語の総体。言語体系をどのように限るかによって,内容が変わる。日本語という限り方をすれば,日本語の単語全体を意味し,漁村・農村あるいは特定の職業など,ある領域に限れば,その領域内で使われる単語の全体を意味し,ある個人に限れば,その人の使う語の総量を表す。 「漱石の-」 「 -が豊富だ」
単語を集め,一定の方式に従って順序立てて並べたもの。解釈の付けられているものが多い。 「近松-」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

語彙
ごい

一定の範囲に用いられる単語の集合を「語彙」という。一定の範囲とは、言語の種類、地域、階層、専門領域、作品、個人など、なんでもある範囲が考えられればよいのであって、語彙は、そこに含まれる単語の総体をさすことばである。したがって、「英語の語彙」「八丈島方言の語彙」「物理学の語彙」「『源氏物語』の語彙」「漱石(そうせき)の語彙」などというように使う。個々の単語をさす場合には「単語・語・語詞」という。したがって、「西鶴(さいかく)の〈浮世〉という語彙」「〈哲学〉という語彙」というような使い方は誤りである。なお、特定の個人の語彙を考える場合には、「使用語彙」と「理解語彙」とに分ける必要がある。前者は、その人が話したり書いたりすることのできる語彙であり、後者は、聞いたり読んだりして理解することのできる語彙である。使用できれば理解できるが、理解できても使用できるとは限らないから、一般に、前者は後者に含まれ、その一部をなすことになる。[山口佳紀]

語彙の体系

単語は単独で存在するものでなく、つねに他の単語との相対的な関係において存在するものである。たとえば、兄弟関係について、日本語では、男か女か、年上か年下かに着目して、「あに・おとうと・あね・いもうと」を区別するが、英語ではbrother, sisterのように、男女の区別のみであり、年上・年下を区別するには、elderとかyoungerとか、別の単語で限定しなければならない。したがって、兄弟関係に限ると、英語のbrotherはsisterとだけ対立しているが、日本語の「あに」は「あね」「おとうと」「いもうと」との対立のなかに存在する。結局、ある単語は単独に把握されるべきものでなく、それぞれの言語の体系のなかでいかなる位置を占めているかが重要なのである。以上は集団のレベルのことで、個々の人間を超えて共通性を有する問題であるが、個人のレベルでも、個々の人間は微妙に違っているはずであって、たとえば紫式部と清少納言とは、同じ時代、同じ階層に属するが、まったく同じ語彙体系をもっていたとはいえないであろう。結局、語彙の体系は、それぞれの語彙ごとに観察される必要があることになる。[山口佳紀]

日本語の語彙の特色

日本語には同音語が多い。これは、おもに漢語(過去の中国語に由来する語)に原因がある。たとえば、「生計・整形・政経・正系」は、すべてセイケイという同音の漢語である。中国語の原音では違っていた音も、日本語化したために同音に帰したものが多く、同音語をいっそう増やした。たとえば、「計」は[kei]、「経」は[ke]であったが、日本語では両方ともケイになるというぐあいであった。次に、日本語には類義語が多い。外来でなく日本語内部で発生した単語を「和語(あるいは大和(やまと)ことば)」というが、この和語のほかに、中国との交渉によって漢語が流入し、のちに西欧語を中心に外来語が入り込んだ。したがって、ほぼ同じような意味を表すのに、和語、漢語、外来語が併立することになりやすい。たとえば、「かけごと」は和語、「賭博(とばく)」は漢語、「ギャンブル」は外来語である。
 また、日本語の語彙を意味分野によって分けてみると、「春雨(はるさめ)」「時雨(しぐれ)」など天候語彙は豊富であるが、星の名など天体語彙は貧弱であるなどの偏りがみいだせる。これは、語彙の様相が人間の生活・文化の性格をうかがわせるという一例である。[山口佳紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の語彙の言及

【分類】より

…中国では学問の分類も図書の分類によったので,経,史,子,集の〈四部〉や集,六芸,諸子,詩賦,兵書,術数,方技の〈七略〉が用いられた。 語彙の分類としては,すでに古代エジプトやメソポタミアに分類語彙集があり,ローマ時代にもポルクスJulius Polluxがギリシア語の《名前の書(オノマスティコン)》を書いている。これは後2世紀であるが,同じころに中国では許慎が9353字を540部に分類した《説文解字(せつもんかいじ)》を完成した。…

※「語彙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

語彙の関連キーワード自然淘汰スキー八雲愛人松柏砂山チェリーなんか花菱ぶうぶう

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

語彙の関連情報